香川いのちのリレー財団
Q&A
臓器提供Q&A
臓器提供Q&A:回答

Q:臓器提供の意思を表示したいのですが、どうすればよいのですか?
A:まず、死後に臓器を提供することをご自身で意思表示カードに書いてください。
意思表示カード(ドナーカード)ヘの記入に当たっては、記入例を参考に、該当する番号と提供する臓器を○で囲んでください。また、署名年月日と本人署名欄も記入してください。 (記入漏れがあると完全な意思表示とみなされません。また、明確な意思表示とするため、 提供しない臓器については×をつけた方がよいでしょう。) その他の欄には、皮膚、心臓弁、血管、骨などの組織を提供する場合、 具体的に記入してください。 提供できるところはすべて提供したいということであれば「すべて」とご記入ください。 このほかに自動車運転免許証、健康保険証、インターネットによる「臓器提供意思登録」でも、あなたの意思を表示することは可能です。

Q:どんな臓器が移植のために提供できるのですが?
A:心臓や肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球を提供していただくことができます。
心臓や肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球は脳死後、 移植のために提供していただくことができます。 腎臓や膵臓、眼球は、心臓が停止した後でも、移植のために提供していただくことができます。ただ、脳死、心停止のいずれも死亡宣告後の連絡では間に合わず、回復不能と診断された場合での準備が必要です。

Q:「脳死」ってどんな状態ですか?
A:「脳死」とは、呼吸などを調節している脳幹といわれる部分も含めて脳全体の機能が停止し、もとには戻らない状態をいいます。
「脳死」は呼吸などが保たれている「植物状態」とは全く別のものです。 脳死になると、自カでは呼吸できません。 また痛みなどの刺激に対する反応もなくなり回復することはありません。 人工呼吸器などの助けによって、しばらくは心臓を動かし続けることもできるのですが、 やがては心臓も止まってしまいます。 全死亡者のうち、脳死になるのは1%末満です。

▲上へ戻る

Q:書いた意思表示カード(ドナーカード)はどうすればよいのですか? どこかに登録する必要があるのですか。
A:書いた意思表示カード(ドナーカード)は財布や定期入れなどに入れて、 必ずいつも携帯してください。 また、ご家族にその旨を伝えておいてください。
あなたの意思がご家族の誰かに伝わっていないと、 せっかくのあなたの善意を生かすことができません。 善意を生かすためには、その意思が誰か他の人に伝わっていることが大切です。 また、ご家族の反対があった場合も臓器の提供はできません。 ですから、カードに記入する際に、 よくご家族と話し合ってあなたのお気持ちを伝えておくことが大切です。 自動車免許証や健康保険証、インターネットによる「臓器提供意思登録」であなたの意思を表示することも可能です。

Q:何歳まで臓器を提供することができますか?
A:がんや全身性の感染症で亡くなられた場合には、臓器提供できないこともありますが、実際の臓器提供時に医学的検査をして判断します。 臓器を提供する場合、臓器提供適応基準では、おおよそ心臓50歳以下、肺70歳以下、腎臓70歳以下、膵臓60歳以下、小腸60歳以下が望ましいとされています。 しかし、この年齢を越えた方でも、医学的に提供が可能である場合もあります。実際に、60歳代の方から心臓をご提供いただいた事例もあります。 カードに記入した意思はいつ活かされるかわかりませんので、記入にあたっては、年齢に関係なく、現在の意思を記入してください。

▲上へ戻る

Q:意思表示カードを持っていることで、救急の際の治療が変わったりするのでしょうか? また、何か費用がかかるのでしょうか?
A:そのようなことはありません。
救急医療は、あなたの命を救うことを第一に考えて行われます。 また、臓器提供者(ドナー)の側には提供のための費用は一切かかりません。

Q:葬儀の費用や謝礼が出るのですか?
A:臓器提供はあくまでも善意に基づくもので、無償の提供となり、葬儀の費用や謝礼は出ません。

Q:意思表示カードを持っていない場合、臓器の提供はできないのですか?
A:平成22年7月17日、臓器移植法の改正に伴い、ご本人の臓器提供の意思が不明な場合も、ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりましたが、もしもの時にご家族が判断に迷わないためにも、臓器提供について意思表示しておきましょう。

▲上へ戻る

Q:臓器摘出の手術にはどれくらいの時間がかかるのですか?
A:提供いただく臓器の種類によって異なりますが、おおむね4〜6時間です。 傷は外から見えないように覆い、お体をきれいにして、 摘出前の状態と同じに見えるようにいたします。

Q:臓器移植のことは理解したけれど、私は臓器を提供したくないのですが?
A:意思表示カード3. に○をつけてください。
臓器提供ではご本人の意思は尊重され、意思表示カードには臓器を提供しない旨の表示ができます。 3. に○がつけられている場合は、臓器摘出は法的に禁じられ、絶対にできません。

Q:臓器移植についてもっと詳しいことを知りたいのですが?
A:(公社)日本臓器移植ネットワークにお問い合わせください。 (公社)日本臓器移植ネットワークは公平・公正な臓器移植のためのあっせんや普及啓発を行う組織です。
あなたの臓器提供に関するご質問にお答えします。
(連絡先:フリーダイヤル 0120-78-1069)

▲上へ戻る

Q:私は臓器提供意思表示カードも持っているのですが、運転免許証にも意思表示してもいいですか?
A:かまいません。カードと同じ内容を運転免許証にも記入してください。両方に記入した内容が違う場合には、 日付の新しいものが最新の意思表示とみなされます。

▲上へ戻る